デニムを色落ちさせる方法



生デニムから色落ちさせる

 

最近はある程度ウォッシュしてある製品がかなり多くなっていますが、生デニムから時間をかけて色落ちさせていくのも愛着が持てていいものです。

 

生デニムは糊の付いている生の状態(リジッド)ですが、これを最初に洗う時は、まずジーンズを裏返しにしてジッパーを全部留めるようにしてください。これで洗濯中にボタンやジッパー、リベット等の金属部分がデニムの表生地を傷めないようにします。

 

これを洗濯機の中へ入れて、通常の洗濯コースで洗いますが、糊落しが目的なので洗剤は不要です。ただし裏返しにして水洗いなのでインディゴの色落ちは最小限にとどまります。

 

水はやや多めに入れるとジーンズが洗濯槽でよく回るのでお勧めですが、この時に他の衣類と一緒に洗うと色移りするので、絶対に避けてください。

 

脱水までして洗濯機からジーンズを取り出し、更に乾燥機で裏返しのままの状態で乾かします。

 

脱水後に自然の日陰干しで乾燥させるのでも構いませんが、特に縮率の高い生地では、最初にしっかり縮ませた方が裾上げする時に適しているので、最終的には乾燥機を使った方が無難です。

 

乾燥機を使うデメリットは、ドラムの回転によってケバが発生しやしくなることで、生地のコシも抜けやすくなる点で、自然なウォッシュ感覚でいいという人は、あえて陰干しで乾燥させることになるでしょう。